キングダム趙国 武将一覧(李牧・龐煖・カイネ・傳抵等)

趙国の武将、王族、文官の人物紹介。

スポンサーリンク

李牧軍

李牧(りぼく)

(ちょう)の新の怪鳥と呼ばれる王騎(おうき)、同じく秦の大将軍である麃公(ひょうこう)(えん)の英雄である劇辛(げきしん)を討つなど大物食いを成す。

王騎を討った後は宰相(さいしょう)になり、内政にも影響を与える。

戦の才に恵まれているが、無駄な犠牲や戦は望まない。

秦王であるが唱える「百年後の平和のためには、血を恐れず中華統一しかない」という考えには「無益な血を流さず中華七国で同盟を結ぶべき」と真っ向から対立する。

王騎は死ぬ直前、自分を超える李牧の才能を感じて述べた言葉は・・・

「これだから乱世の世はおもしろい」

カイネ

李牧(りぼく)の護衛である二刀流の女剣士。
戦になるとカイネ隊を率いて戦う。

男性のように気が強いが、李牧と同様に無用な血は好まない。

特に同じ女性で戦場に立つ河了貂(かりょうてん)には、敵でありながら互いに救うような行動を取ってしまう。

ちなみに信のことは「ツリ目」と呼び、信はカイネを「男女」と呼ぶ。

傳抵(ふてい)

李牧の配下であり、を目指す若き将。
腕力はさほど高くないが、早いステップと動きを読む鋭さで翻弄する。

傳抵(ふてい)曰くカイネは「将来の嫁」らしいが、カイネの方はその気が見られず・・・

晋成常(しん せいじょう)

合従軍の(さい)攻めでは、李牧の副将を務める老将。
歯がなく戦場でも笑顔で話すが、発する言葉は過激で挑発的。

蕞の東璧を攻めて、秦軍の将である(へき)と戦う。

秦の援軍に山の民が来ると李牧に対して退却を進言し、時を稼ぐため突撃し死す。

舜水樹(しゅんすいじゅ)

李牧軍の副官。
頭脳明晰で李牧が信を置く人物。

北の遊牧民である匈奴の孤児であり、匈奴の言葉を話す。

秦国が20万の兵で進軍すると、兵糧の流れを察して、業が狙われることをいち早く察する。

戦が始まると遼陽軍の大将になり10万の兵を指揮する。
ようたんわの捨て身の戦術にはまり、遼陽城を取られると列尾(れつび)城の方へ退却する。

馬南慈(ばなんじ)

李牧軍の副官。
かつて李牧と共に趙北部(雁門(がんもん))で、騎馬族の匈奴(きょうど)を相手に戦い「雁門の鬼人」と呼ばれる。

個人の武力が高く、力と力の戦いを得意とする。
王翦(おうせん)軍の亜光(あこう)に重傷を負わせ戦線離脱させる。

一方、間合いの隙を狙う王賁(おうほん)のような槍使いや、亜花錦(あかきん)のようにハエのように付きまとう戦いには苦手とする。

王翦の首を取るため目の前まで迫るが、蒙恬(もうてん)に虚を突かれ右目を負傷し逃す。

中華統一を目指す政を「六国全てを踏みにじる、人の皮をかぶった獣」と表す。

龐煖(ほうけん)

趙の新三大天。
国にも戦にも興味はなく、情を捨て武力の強さを追求し、強い者を倒すことを生き甲斐にする。

羌瘣(きょうかい)と似た業を使うが、羌瘣のように息切れする弱点がなく、一撃の重さは遥かに上回る。

秦の六大将軍である(きょう)を討つと、駆けつけた王騎(おうき)に敗れる。
その後3年は傷を癒やし、6年掛けて修行を積み、9年の時を経て王騎と再戦する。

その結果、王騎を討つことになったが、一騎打ちに邪魔が入ったことが納得できず、さらに強い武を求め続ける。

その姿を見て麃公(ひょうこう)は「矛盾に気付かぬ、ただのど阿呆(あほう)」と言う。

魏加(ぎか)

李牧軍の将。
龐煖と王騎の一騎打ちで、王騎に矢を打ち込む人物。

魏加は李牧に言う。
「全土が注目する大舞台に、わずかでもこの魏加の爪痕を残したく。たとえ汚れ役でも」

それに対して李牧は返す。
「かたじけない」

王騎に矢を打ち込んだのち、飛信隊の信に討たれる。

紀彗軍

紀彗(きすい)

離眼(りがん)城の城主である紀晶(きしょう)の子。

地方勢力の戦いで離眼城が落とされ、紀晶が捕虜となり殺される。
父の最後の言葉は「離眼の子らを守り抜け」。

その後、20歳の若さで城主となり、5年で離眼の力を復活させる。
練兵を重ねた兵は趙で一・二を争う。

離眼の民を愛し愛される隠れた名将。
秦と趙による黒羊(こくよう)の戦いでは、民を愛す心を桓騎(かんき)が逆手に取り、黒羊の丘を奪われ敗北。

飛信隊の信には慶舎(けいしゃ)、副将羌瘣(きょうかい)にはが討たれ、因縁の相手となる。

劉冬(りゅうとう)

紀彗(きすい)軍の副将。

離眼(りがん)城の城主であった紀晶(きしょう)の育てられる。
その後、紀彗(きすい)の元の部下となる。

紀彗軍の軍師も兼任し、奇策を用意て相手の翻弄させる知将。

剣術のレベルも高く、飛信隊の羌瘣(きょうかい)に暗殺を狙われるも返り討ちにする。
しかし慶舎(しゃけい)を狙う飛信隊を止めるため、突撃し羌瘣と再戦で討たれる。

馬呈(ばてい)

紀彗軍の副将。
劉冬と同じく紀晶に育てられ、その後紀彗の配下となる。

体格が大きく、斧を振るい隊の先頭に立つ。
田永(でんえい)からは「デカブツ」と呼ばれる。

騎乗した状態で斧を受けると、馬の脚が折れるほどの腕力。

戦術は苦手であり、紀彗や劉冬から策を受け取るも応用はできない。

慶舎軍

慶舎(しゃけい)

幼いころに村が襲われ両親と言葉と感情を失う。
子供の頃から模擬戦(戦術練習)が強く、李牧(りぼく)に目をかけられ武将の道へ進む。

その結果、李牧さえも恐れるほどの本能型の智将になる。

「沈黙の狩人」と呼ばれる待ちの達人。
ワナを仕掛け相手が好機と思い動くを待ち、知らぬ間にからめ捕る。

しかし黒羊(こくよう)の戦いでは、桓騎(かんき)に逆手に取られる。
紀彗(きすい)により救われ逃げ切るが、飛信隊の意表を突いた強行突破により信に討たれ死亡する。

岳嬰(がくえい)

慶舎(しゃけい)への忠誠が強い副官。
ガタイが大きい槍の使い手。

感情が高ぶると冷静さを失い、味方にさえ槍を向ける。

朱海平原の戦いで、飛信隊の信に両断される。

金毛(きんもう)

慶舎(しゃけい)の副官。
長年、慶舎に仕え戦い方をよく知る側近。

個人戦の能力は高くないが、軍を指揮する軍師タイプ。

感情により判断を誤ることもあるが、立場で別けることなく、人の意見を聞き入れる柔軟さ持つ。

飛信隊の信には上官である慶舎、共に側近を務めた岳嬰を討たれる。

その思いを胸に、飛信隊の軍師である河了貂を討つ直前までいくが、河了貂に「お前の思いも背負う」と言われ、弓に狙われてることを悟りながら矛を振り上げる。

直後に飛信隊の(たん)に射貫かれ死亡する。

藺相如 軍

藺相如(りんしょうじょ)

廉頗(れんぱ)と双肩を成した、今は亡き旧三大天。
絶頂の時に病にかかり、そのまま絶命した。

有能な部下の10人は「‎藺家十傑(りんけじっけつ)」と呼ばれる。

そのうちの8人は藺相如の死後、無理な戦いを繰り返し戦死する。
生き残った2人が尭雲(ぎょううん)趙峩龍(ちょうがりゅう)である。

藺相如は死ぬ直前に夢を見る。
そして尭雲と趙峩龍に伝えた言葉は

「朱き平原を敵の地で染めてやれ」

その10年後に朱海平原で戦いが起きる。

趙峩龍(ちょうがりゅう)

旧三大天である藺相如(りんじょうじょ)の部下。

趙の危機に私兵を連れて朱海平原で戦う。
戦に参戦するのは10年ぶり。

趙軍の右側に入ると頭脳として指揮を取る。

飛信隊を包囲するが、羌瘣を中心に突破され信に討ち取られる。

尭雲(ぎょううん)

旧三大天である藺相如(りんじょうじょ)の部下。
趙峩龍と同様に朱海平原で復帰し、趙軍の右翼に入る。

本能型の武将であり河了貂(かりょうてん)を戦術で苦しめ、信と一騎打ちするも決着がつかず。

李牧の策により玉鳳(ほうぎょく)隊を追い詰め、王賁(おうほん)に重傷を負わすが、右手を貫かれる。

戦線復帰し左手で矛を振るも王賁に討たれる。

その他の武将

趙荘(ちょうそう)

馬陽(ばよう)戦で、軍師として参戦し、龐煖(ほうけん)の代理で大将を務める。
奇策を得意として、突撃を繰り返す蒙武(もうぶ)軍に罠を仕掛け半壊させる。

王騎(おうき)の副将である騰の力を見誤り、王騎が討たれる前に討たれる。

李白(りはく)

「守備の李白」と呼ばれる将軍。
馬陽戦では斜陣(しゃじん)という陣形でモウブ軍と対峙するが、策を無効とする蒙武の武力により被害を受け退陣する。

合従軍では慶舎(しゃけい)の下で指揮をとる。

馮忌(ふうき)

「頭脳の馮忌」と呼ばれる将軍。

馬陽戦では、王騎の干央(かんおう)軍を策にはめて、大きな被害を与えるが、虚をついた飛信隊により討ち取られる。

公孫龍(こうそんりゅう)

「万能の公孫龍」と呼ばれる将軍。

龐煖の実績は「秦の六代将軍である摎を倒したのみで、なぜ三大天になったのか?」を知る数少ない人物。

秦国による業攻めでは、陽土で待ち構え山の民を迎え撃つ。
その後、舜水樹(しゅんすいじゅ)を元で山の民を追い込むが、バジオウに右腕を切られ戦線離脱する。

渉孟(もうしょう)

「破壊の渉孟」と呼ばれる将軍。
三大天の座を狙い、龐煖が三大天になったことを面白く思っていない。

王騎軍の鱗坊(りんぼう)には「武に関して奴の強さは、底が知れない」と評価される。
しかし王騎と一騎打ちでは、まったく歯が立たず死亡する。

王騎の元で副将を務める(とう)は言う。

「底が知れないのは殿(王騎)の方だ」

万極(まんごく)

長平の戦いで、勝利した秦は投降した趙人40万人を生き埋めにする大殺戮が起きた。
万極も生き埋めされたが、はい上がってきた生き残り。

その恨みから、秦人を皆殺しのために武器を取る。

馬陽(ばよう)戦では王騎の死を聞いた録嗚未(ろくおみ)軍が決死隊となり、万極軍は大きな被害を受ける。

合従軍では慶舎(しゃけい)の元で戦い、飛信隊の信に討たれ死亡する。

万極は言う。

「中華統一して争いがなくなっても深き怨念は消えない」

趙括

2ほど続いた長平(ちょうへい)の戦いで、(ちょうおう)王がしびれを切らし廉頗(れんぱ)から趙括(ちょうかつ)に変わり大将となる。
相手は秦の大将白起(はくき)、副将王騎(おうき)

しかし趙括に変わった途端、王騎に討たれ終結する。

楽乗

李牧(りぼく)が台頭する前は、趙で廉頗(れんぱ)に次ぐ実力者と言われた人物。

趙王である孝成王(こうせいおう)が亡くなると悼襄王(とうじょうおう)が即位する。
悼襄王は太子のころ廉頗に叱られ、その恨みから廉頗を大将の座から降ろす。

これに反発した廉頗は悼襄王の怒りを買い、楽乗(がくじょう)に討伐を命じる。

しかし廉頗にあっさり負け「秦の六代将軍たちに比べてば腹六分と言われる」

廉頗

武力と知謀を兼ね備え、王騎と互角に渡り合う趙の旧三大天。

楽乗を返り討ちにした廉頗は、生え抜きを連れて趙を離れ()に亡命する。
その3年後、攻めてきた秦の蒙驁(もうごう)と対峙する。

この目的は蒙驁軍の副将である王翦(おうせん)桓騎(かんき)
王騎が亡くなる前に「退屈したら蒙驁軍と戦え」と言われていた。

蒙驁の首を取る寸前まえ行くが、桓騎と王翦に追い詰められ、山陽(さんよう)を明け渡し和睦する。

責任を取り斬首を受け入れるが、魏の景湣王(けんびんおう)に救われ、()に亡命する。

王族・高官・文官など

(趙王)悼襄王(とうじょうおう)

趙の第9代君主。
秦国に攻められると李牧から援軍の要請を受けるが、これを拒否する。

国の将来や民より自分を優先する。
そんな国王を見て李牧は言う。

「国を滅ぼすのは敵に非ず」

嘉太子(か たいし)

趙の民を想う太子(次期国王)。
理解力に優れ、防衛に走り回る李牧を気遣う。

国家の危機に自らの危険を顧みず戦場に立つと話す姿に、李牧は一筋の光を見る。

趙希伯(ちょうきはく)

業の城主であり悼襄(とじょう)王の伯父。
王翦率いる秦軍に周辺の9つの城を落とされ、全ての難民を受け受け入れる。

これが仇となり兵糧攻めされる形のなり、李牧軍による開放を待つ。

春平君(しゅんぺいくん)

趙王である悼襄(とじょう)王に愛される美少年。

紀元前243年に顔なじみであった呂不韋に拉致される。
呂不韋は趙王に対して「返還の条件として李牧に咸陽まで迎えに来させろ」と脅迫する。

これにより李牧と呂不韋の会談が実現。

交渉の結果、趙は秦と同盟を結ばされ、おまけに巨大な城である韓皋(かんこう)を明け渡す。