キングダム秦国の文官・王族 人物紹介

キングダム人物紹介

秦国の王族、文官、後宮の人物紹介。

スポンサーリンク

嬴政(えいせい)

第13代(しん)王。
後の始皇帝。

父である子楚(しそ)と共に人質として趙に送られ幼少期を過ごす。
呂不韋(りょふい)の計らいで、父である子楚(別名:荘襄王(そうじょうおう))が太子になったことで帰還する。

権力を持つ呂不韋に幾度となく暗殺されそうになるが、昌文君等に助けられる「薄弱の王」

 

目標は中華統一。
「戦争のない世の中にするためには中華統一しかない。そのためには血を恐れない」と主張する。

この主張に李牧(りぼく)は「無益な血を流さず、中華七国で同盟を結ぶべき」と真っ向から対立する。
秦の将軍である桓騎(かんき)も「中華統一とは大殺戮、大略奪。狂気じみた正義」と失笑する。

昌文君(しょうぶんくん)

秦王・嬴政(えいせい)に忠を尽くす家臣。

元は武官であり昭王の時代に王騎(おうき)と戦場を共にする。
その後、文官に転身し9歳で帰還した政の教育係を務める。

秦国では長年にわたり、呂不韋(りょふい)派・嬴政(えいせい)派に別れ内部闘争を続ける。
常に風上に立ちながら、嬴政派と共に苦難を乗り越える中心人物。

毐国(あいこく)の反乱」「合従軍(がっしょうぐん)」の戦いでは、戦場に復帰して秦国を救う。

まさに粘り腰の男。

 

性格は真面目で堅物。
無礼を繰り返す信をよく説教している。

内政では丞相(じょうしょう)の地位まで登り詰め、以前より秦国の課題であった荒地に治水工事を成功させる。

政を長年に渡り見続けた昌文君は言う。
「政様は戦神と呼ばれた昭王(しょうおう)を超える」

 

成蟜の乱で共にした信は「昌文君」もしくは「昌文君のおっさん」と呼ぶ。

呂不韋(りょふい)

元は商人。
(ちょう)で人質となっていた秦国の王族である子楚に出会う。
子楚(しそ)は20人の兄弟がいて、国王に遠い存在だったが、呂不韋は財産を使い太子(次期国王)にさせる。

その見返りで丞相(じょうしょう)となる。

呂不韋四柱という呼ばれる部下を登用し、秦国内で勢力を伸ばす。

更に高みを目指し「嬴政の暗殺」や「毐国の反乱」など権力を拡大するため様々な手を尽くす野心家。

目標は「富で中華を統制する」こと。
秦を発展させ、他国に富を分け与えることで手を結ぶ手法を唱える。

嬴政が唱える中華統一は「つぶして従わせる。勝利する側の身勝手な夢の押し付け」と説く。

昌平君(しょうへいくん)

呂不韋四柱であり、秦国の軍事司令官。
軍師養成学校の運営も行い、若き才能を探し育てている。

蒙恬(もうてん)蒙毅(もうき)河了貂(かりょうてん)はこの学校で学ぶ。

中華統一に向けて詰みの一手である「山陽の戦い」を打つが、李牧(りぼく)に読まれ合従軍(がっしょうぐん)として攻められる。

合従軍に対して呂不韋は、政の首を差し出し交渉に持ち込もうとするが、昌平君(しょうへいぐん)(さい)城に向かう政に側近を送り援護する。

そして「加冠(かかん)の儀」をきっかけに呂不韋の元を離れる。

 

蔡沢(さいたく)

呂不韋支柱のひとり。
戦の神と言われた昭王(しょうおう)の時代には丞相を務める。

その後、孝文王(こうぶんくん)荘襄王(そじょうおう)嬴政(えいせい)と4代に仕える。
弁舌を得意とし外交を務める。

6ヵ国が合従軍を起こし秦を攻めたときには、(さい)王(王建(おうけん))と交渉し斉軍を離脱させる。

その2年後には、斉王を咸陽(かんよう)に招き政との会談させ、斉王は非公式であるが降伏宣言する。

この会談に昌平君ではなく昌文君を同席させたが、そこにも蔡沢の狙いがある。

李斯(りし)

呂不韋支柱のひとり。
「法の番人」と呼ばれる内政官。

冷酷な性格であり、裏の舞台で呂不韋陣営に貢献しようとするが、自由奔放である呂不韋に振り回される。

昌平君と共に丞相になるのが濃厚であったが、政陣営の勢力が高まり昌文君に負ける。
呂不韋の失脚後は、罪に問われ幽閉される。

しかし蔡沢(さいたく)の導きにより昌文君が、法の作りのため政陣営に加える。

太后(趙姫)(美姫)

趙で生まれたことから名は趙姫(ちょうき)

貴品のある美しさから「美姫」「邯鄲(かんたん)の宝石」と呼ばれる。
※邯鄲:趙の首都

商人の呂不韋とは恋人だったが、呂不韋は子楚に近づくため差し出され、出世の道具に使われる。
子楚との間に生まれた子が、のちに始皇帝になる政。

同時期に「長平の戦い」が終わり、秦は投降した40万人の趙兵を生き埋めにする。
趙から恨みを買い、子楚は逃げたが趙姫と政は置き去りにされる。

そこから7年間、趙姫は身を汚しながら食つなぐ。

趙で起きた闇の深さから、秦で太后となった後は政と敵対する。
嫪毐と共に「毐国の反乱」を起こすが、それも呂不韋の手の中で動かされる。

 

成蟜(せいきょう)

嬴政の弟(異母兄弟)。

政の母は舞子に対して成蟜の母は王族であることから、自分が王族純血であると主張する。
王位についた嬴政を憎み、竭氏と共に反乱を試みるが鎮圧され幽閉される。

幽閉から3年後、打倒呂不韋に向け嬴政に協力する。
成蟜の協力で昌文君を丞相に昇格させ、政陣営は政治の発言権を手に入れる。

その後、成蟜は謀反を起こし死亡するが、この謀反を裏で操るのは呂不韋。

竭氏(けつし)

秦国の左丞相(右丞相に次ぐ2番手)。
大きな実権を握る呂不韋(右丞相)と対立する。

政治に興味がない成蟜を取り込み嬴政を殺す共謀する。

しかし、山の民を味方につけた嬴政陣営に鎮圧される。
最後は成蟜さえも見捨て、脱出しようとするも山の民に討たれ死亡する。

 

肆氏(しし)

竭氏(けつし)を支える参謀。
嬴政(えいせい)派と対立し、兵の手配や文官ではあるが戦場でも矢面に立つ。

嬴政派に敗れるが、政の命令により命の保障され、嬴政陣営に転身する。

昌文君(しょうぶんくん)からは「憎々しい奴だが文官としての才能と経験は、ワシよりはるかに上」と評価?される。

介億(かいおく)

軍総司令である昌平君(しょうへいくん)の側近。
合従軍(がっしょうぐん)に攻められ、政が(さい)に向かうと昌平君の命により援軍に向かう。

蕞の防衛線では北璧(ほくへき)を務め、西璧(さいへき)昌文君(しょうぶんくん)東璧(とうへき)(へき)に援軍を送り「危険度の平均化」を成した影の功労者。

軍事学校の講師でもあり、蒙恬(もうてん)や河了貂にとっては先生。
昌平君が呂不韋陣営から離れると付いて行く。

蒙毅(もうき)

祖父に蒙驁(もうごう)、父に蒙武(もうぶ)、兄に蒙恬(もうてん)がいる名家の生まれる。

昌平君の軍事学校で学ぶ軍師見習い。
河了貂が軍事学校に入ると兄弟子として共に学ぶ。

実践は河了貂に先を越されてしまうが、昌平君と共に模擬戦を行い戦略を練る。

嫪毐(ろうあい)

秦国の下級文官。

男性の物を車輪の軸に通して回す、という一芸を持つ男。
そこに目を付けた呂不韋が、太后(たいこう)と体の関係を断つため後宮(こうきゅう)に送られる。

※後宮とは后妃(こうひ)などが住む建物

 

色めきだつ太后は、嫪毐(ろうあい)の夜の仕事に満足し2人の子を授かる。

太后は反乱のため国を作ろうと考え、嫪毐を山陽(さんよう)長官に推薦し、呂不韋(りょふい)はそれを察して承諾する。
そして毐国という国を作り秦から独立する。

その後、呂不韋は2人の隠し子をばらし、秦国に攻められる恐怖心を利用し反乱を起こさせる。

嫪毐は()と連携し咸陽(かんよう)を責めるが、昌平君(しょうへいくん)に読まれる。
飛信隊、昌平君、昌文君が援軍により、嫪毐は捕まり死罪となる。

呂不韋は毐国に咸陽を攻め落とさせた後に、秦国を奪う作戦を練っていたが失敗となる。

蒲鶮(ほかく)

秦国の屯留(とんりゅう)で実権を握る城主代行。
趙軍を討伐するため出陣した成蟜(せいきょう)を捕まえて、謀反を起こしたと見せかける。

牢から抜け出した成蟜に討たれ死亡する。

蒲鶮(ほかく)とつるみ計画を練ったのは呂不韋(りょふい)である。

向(こう)

田舎の貧しい商家に育った宮女(きゅうじょ)
政が読書に没頭したく、何度も伽に呼ばれる。

第一子を授かると権力を手に入れられるが、向はその手の話には興味がない。

嬴政(えいせい)の暗殺未遂」「呂不韋(りょふい)大后(たいこう)の密会」「毐国(あいこく)の乱」など多くのトラブルに巻き込まれる。

やがて政の子である(れい)を出産(第一子ではない)。

信からは「地味宮女」と呼ばれる

陽(よう)

高貴な生まれの宮女であり、向の一つ年上の親友。
政と向の進展に興味津々。

宮女や国の状況に疎い向に、よくものを教えている。

咸陽(かんよう)毐国(あいこく)に攻め込まれたときには、狙われる(れい)を守るため、騎馬に飛び込もうとしたところ信に救われる。

その行動力から「根性宮女」と呼ばれる。

タイトルとURLをコピーしました