キングダム 王騎軍メンバー全員まとめ

王騎軍

王騎(おうき)

王騎(おうき)

昭王(しょうおう)時代に六将に任命され、戦場で猛威を振るった大将軍。
昭王(しょうおう)孝文王(こうぶんくん)荘襄王(そうじょうおう)嬴政(えいせい)と4代に渡り秦国に仕える。

昭王は戦の神と呼ばれ、中華統一を夢見る人物。
その昭王が亡くなると、王騎は自ら戦の第一線からは外れる。

昭王と同じ中華統一を夢見る嬴政と重ね合わせ、戦場への復帰を決める。
復帰戦と思えぬ戦いを見せる王騎ではあったが、武神(ぶしん)龐煖(ほうけん)に討たれてしまう。

王騎亡き後も、信・(しん)国・残った王騎軍に影響を与え続ける。

王騎関連:《王騎物語》秦の怪鳥が残した3つのもの【泣】

騰(とう)

騰(とう)

長年にわたり王騎(おうき)の側近として王騎軍を仕えた副官。
王騎の遺言として、他の軍長と王騎軍を託される。

王騎の側近時代は常に隣でふざけていたが、実は王騎にも劣らない実力を持つ。
騰が剣を振ると「ファルファル」という独特な音を鳴らす。

才ある人物を見抜く能力があり、若き将の活躍を望む。
合従軍では王賁(おうほん)蒙恬(もうてん)に、軍の生命線と言える立場に抜擢。
奢雍(ちょよう)での対()戦では、飛信隊と玉鳳(ぎょくほう)隊を招集。
王賁(おうほん)の策を採用し勝利する。

奢雍(ちょよう)の勝利した騰は張唐(ちょうとう)蒙驁(もうごう)の二人の大将軍失った秦国に数少ない大将軍となる。

よく王騎のものまねをする癖があり、蒙武(もうぶ)には「悪趣味な男」と呼ばれる。

録鳴未(ろくおみ)

録鳴未(ろくおみ)

元王騎軍の第一軍長。
王騎軍の中で最強と呼ばれる軍隊を率いる。

戦場では後ろで指揮するタイプではなく、自ら先頭に立ち突破する。
王騎の死を聞くと劇昴し多くの隊員を失うも、敵対していた万極(まんごく)軍には倍の被害をもたらした。

性格は騰とは真逆で血の気が多く、若き将は認めない。

実力は高く奢雍(ちょよう)の戦いでは主攻のひとつを受け持つと、飛信隊・玉鳳(ぎょくほう)隊が苦戦し三日かけて本陣を攻め入ったが、録鳴未軍はわずか一日で突破する。

録鳴未自身も武に長けており、合従軍(がっしょうぐん)では()国と戦い白麗(はくれい)の矢を避けながら臨武君(りんぶくん)と一騎打ちを繰り広げた。
臨武君に敗れ重傷を負ったものの、すぐに前線復帰する鬼のタフさを持っている。

隆国(りゅうごく)

隆国(りゅうごく)

元王騎軍の第二軍長。
(とう)軍では参謀も務めるもその後、録鳴未(ろくおみ)と同様に将軍に昇格される。

最前線に立つタイプではなく、戦況の全体を見て的確に判断する才を持つ。
その能力を買われ、蒙武(もうぶ)から蒙武軍への誘いを受けるほど。

王騎が致命傷を負い、趙軍から逃げる王騎を決死隊となり退路を作る。
王騎の遺言で騰が王騎軍を率いる証人となる。

奢雍(ちょよう)の戦いでは河了貂(かりょうてん)から援軍の依頼を受ける。
(とき)を見計らって援軍を」という困難な要求も「隆国(りゅうごく)将軍なら容易い」と河了貂(かりょうてん)は言い切る。

性格は真面目で細かく規律を重んじるタイプ。
大ざっぱ性格な飛信隊メンバーからは好かれていない。

羌瘣(きょうかい)が頭角を現し三千人将になると、飛信隊と常に共に行動するのは「おかしい」と指摘する。
羌瘣からは「細かっ」と陰口を言われる始末。

干央(かんおう)

%e5%b9%b2%e5%a4%ae

元王騎軍の第四軍長。
(ちょう)軍に攻められた秦国は王騎を総大将に任命される。
飛信隊も参加し、信や(へき)の上官にあたるのが干央。

結成したばかりの飛信隊を早くから認めた人物。
信が(ちょう)馮忌(ふうき)を打ち取ると「趙将 馮忌の首!飛信隊 信が打ち取った」と叫び勝どきを上げる。

龐煖(ほうけん)の襲撃を受けた飛信隊を救うべく隊を出すが、万極(まんごく)軍に不意を突かれ甚大な被害を受ける。

合従軍の戦いでは戦像と戦い戦死したと思われたが、隆国(りゅうごく)の危機に現れ救う。

同金(どうきん)

同金

元王騎軍の第伍軍長。
合従軍(がっしょうぐん)の戦いで()国が五万の大軍を率い秦国を侵略すると、(とう)と共に一刻かせぐため、わずか五千で戦う。
しかし楚軍の臨武君(りんぶくん)と一騎打ちとなり、一瞬して戦死する。

鱗坊(りんぼう)

鱗坊

元王騎軍の第三軍長。

敵を挑発し、いら立たせるのが上手い。
(ちょう)将の渉孟(しょうもう)に対しては「豚語は何を言っているのか理解できぬな」
()将の臨武君(りんぶくん)の髪型に「単純に恥ずかしくないのか」と実に的確な挑発する。

合従軍の戦いでは楚軍と対峙する。
同金(どうきん)の仇を討つため臨武君(りんぶくん)に挑むも、白麗(はくれい)の矢により急所を突かれ戦死する。