羌瘣の年齢別の顔や見た目の変化(キングダム)

キングダム人物紹介

このページは「羌瘣の年齢別に見た、顔や見た目の変化」のまとめ。

羌瘣は初めは丸側で、顔の多くの部分を隠している。
時が経つにつれて、少しずつ顔がシャープになり、顔を見せる範囲や髪型も変化している。

スポンサーリンク

羌瘣13~14歳

紀元前245年。
秦が魏を攻め蛇甘平原の戦いが始まる。

初陣である信と同じ伍に入る。
羌瘣は羌象の仇討ちがいる魏国へ向かうため戦に参加する。

 

同年には、嬴政を暗殺する刺客のひとりになる。
護衛に駆け付けた信には圧倒的な力の差を見せる。

刺客同士の戦いになり、羌瘣は気を失い嬴政の命は奪わず姿を消す。

これは呂不韋陣営から蚩尤の連を探すための援助が目的であった。

 

この頃の羌瘣は、まぶたから上とアゴを隠している。

 

羌瘣13~14歳

紀元前244年。
王騎(秦軍)と龐煖(趙軍)が大将となる馬陽の戦い。

信が百人将になったことで羌瘣は副将として入隊する。
味方のため龐煖と戦い、万極軍に追われたときは殿を務める。

 

丸顔から少しシャープな顔になり、髪も伸びて、アゴは隠さないようになる。

 

羌瘣14歳~15歳

紀元前233年。秦と趙が同盟を結ぶ。
信と羌瘣は昌平君に呼ばれ、呂不韋と李牧の会談に参加する。

 

眉が少し見えるぐらいまで鉢巻きの位置を上げる。

羌瘣16~17歳

紀元前242年。
秦の大将は蒙驁、魏の大将は廉頗とする山陽の戦い。

輪虎軍に加わった介子坊の私兵五百人と戦い重症を負う。
この戦いを機に、羌瘣は飛信隊を離脱。

 

羌瘣17歳~18歳

紀元前241年。
掟を無視され殺された羌象のため幽連に復讐を果たす。

その後飛信隊へ復帰。

 

羌瘣19~20歳

紀元前239年。
呂不韋の策略により、成蟜がはめられ救出のため飛信隊が向かう。

 

この頃になると、前髪を外に出すようになり、顔がよりシャープに。
「髪の毛って闘うとき邪魔じゃない?」という話は内緒。

羌瘣20~21歳

紀元前238年。
桓騎軍と共に黒羊の丘を狙う。

羌瘣は劉冬を暗殺しようとして返り討ちにあうが、その後の合戦で打ち取る。

 

羌瘣22~23歳

紀元前236年。
秦が趙の業を攻める。

龐煖と再戦し敗れるが、信が駆けつけたことにより、命までは取られず生き延びる。

 

この頃になると眉が完全に見えるほど鉢巻きの位置が高くなる。

タイトルとURLをコピーしました