キングダム年表

キングダムの歴史をまとめたページです。

スポンサーリンク

キングダムスタート前

紀元前262~260年長平(ちょうへい)の戦い

(しん)国と(ちょう)国の戦い。
秦の大将は六将である 白起(はくき)(副将は王騎(おうき))。

趙の大将は 廉頗(れんぱ)

長平の戦いは両国の力が拮抗し2年間も続く。
趙王が長く続く戦いにしびれを切らし、大将を廉頗から趙括(ちょうかつ)に変更する。
趙括

すると戦の流れが変わり趙括は 王騎(おうき)に討たれる。
大将が討たれた 趙軍(ちょうぐん)は降伏するが、白起は投降した 趙人40万人を生き埋めにする大虐殺が起きる。

紀元前259年 嬴政(えいせい)の誕生

趙国の 邯鄲(かんたん)荘襄王(そうじょうおう)の子である (せい)が誕生する。

政の誕生

荘襄王(そうじょうおう)の即位前の名は 子楚(しそ)
当時、安国君の子である荘襄王(子楚)は趙の人質になっていた。

紀元前257年 荘襄王(そうじょうおう)は趙を脱出

商人であった 呂不韋(りょふい)の計らいで 荘襄王(そうじょうおう)は趙を脱出する。

しかし、子供である (せい)と妻は連れて逃げることが出来ず、7年の間取り残されることに。

紀元前250年 昭王(しょうおう)死去

六将を作り戦の神と呼ばれた 昭王(しょうおう)死去。
次の王は孝文王(こうぶんおう)安国君(あんこくくん))に決定。

呂不韋(りょふい)は、 荘襄王(そうじょうおう)(を全財産を投資し太子にさせる。※太子は王の後継者のこと

荘襄王が太子となった時点で、その跡継ぎは政となる。
昌文君(しょうぶんくん)は趙から政を脱出させる。
このとき政の年齢は9歳。

紀元前 249年 荘襄王(そうじょうおう)が即位

孝文王(こうぶんおう)が正式に即位する。
孝文王は即位して僅か三日で死去し、 荘襄王(そうじょうおう)が即位される。

荘襄王の即位に貢献した 呂不韋(りょふい)丞相(じゅうしょう)に任命される。
※丞相とは国のNo2の役割

紀元前246年 嬴政(えいせい)の即位

荘襄王(そうじょうおう)が王になり3年後に死去。
嬴政(えいせい)が第31第の 秦王(しんおう)となる。
しかし政はまだ13歳のため、実権は丞相である 呂不韋(りょふい)が握る。

 

キングダムスタート後

紀元前245年 昌文君(しょうぶんくん)(ひょう)を士官する

昌文君(しょうぶんくん)は王弟である 成蟜(せいきょう)の反乱を予期し、戦争孤児であり (しん)の幼なじみある (ひょう)を召し抱える。
漂は 秦王(しんおう)の政と似ているため影武者となる。

同紀元前245年 反乱と政の脱出計画

成蟜(せいきょう)竭氏(けつし)による反乱が起きる。

昌文君(しょうぶんくん)(せい)を王都から脱出させるため(ひょう)を影武者にするも政とは逸れる。

漂は政を救う役目を信に託し、政が逃れた場所の示す地図を渡すと同時に死去。

漂の死去

地図の場所にあった 黒卑村(こくひむら)で政・信・ 河了貂(かりょうてん)の三人が出会う。

同紀元前245年 成蟜(せいきょう)の反乱制圧

政は山の民に援軍を要請し、山の民の王である 楊端和(ようたんわ)が応じる。

多くの血が流れる中、政と 昌文君(しょうぶんくん)は反乱軍を制圧する。

成蟜の反乱制圧

信と河了貂は活躍を認められ、小さいながら家と土地を褒美として貰う。
信は 下僕(げぼく)の立場から家を持つことで、戦場に行く権利を得る。

 

同紀元前245年  蛇甘平原(だかんへいげん)の戦い

(しん)()へ侵略戦争を仕掛ける。
秦の大将は 麃公(ひょうこう)
魏の大将は 呉慶(ごけい)

信はこの戦いで麻鬼(まき)将軍を打ち取り、初陣で百人将に昇格する。
後に飛信隊の副将になる羌瘣(きょうかい)と出会う。

 

同紀元前245年 嬴政(えいせい)の暗殺計画

複数の刺客が(しん)王である政の暗殺を狙う。
政の側近である肆氏(しし)の依頼により信が時間を稼ぎ、昌文君(しょうぶんくん)が制圧する。

刺客を派遣したのは、と噂される。

同紀元前245年 (ちょう)国の内乱

趙では孝成王(こうせいおう)が亡くなり悼襄王(とうじょうおう)趙王(ちょうおう)に即位。
悼襄王は 廉頗(れんぱ)を嫌い遠征中に大将を更迭する。

更迭を拒否した廉頗に対して、悼襄王は楽乗(がくじょう)に廉頗の討伐を命じて内乱になる。

当時、趙国のNo1は廉頗でNo2が楽乗。

廉頗は勝利するも (ちょう)を離れ ()へ亡命する。

紀元前244年 (かん)侵略戦

(しん)国は 呂不韋(りょふい)の号令により (かん)に侵攻する。秦国の大将である 蒙驁(もうごう)将軍は20万人の兵を率いて1カ月で11城を落とす。

蒙驁将軍による韓侵略

同紀元前244年 馬陽(ばよう)防衛戦

(ちょう)軍が(しん)国へ侵略する。秦の多くの兵が韓へ侵略し手薄になった隙を趙軍に攻め込まれる。

秦国は強制徴兵し対応する。

秦軍の大将は 王騎(おうき)
趙軍の大将は 龐煖(ほうけん)(李牧)。

信は百人将として参戦し、王騎から飛信隊という隊の名を受け取る。

王騎は李牧の奇襲により追い込まれ、最後は龐煖に討たれる。
残された王騎軍は副将の(とう)に託される。

 

紀元前243年 秦趙(しんちょう)同盟

呂不韋(りょふい)(ちょう)王から 寵愛(ちょうあい)を受ける 春平君(しょうへいくん)を拉致する。

人質を救うため、 三大天(さんだいてん)李牧(りぼく)が秦の 咸陽(かんよう)に訪れる。

秦と趙は同盟を結ぶと同時に、呂不韋(りょふい)の交渉力により趙は韓皋(かんこう)を明け渡す。

紀元前242年  山陽(さんよう)平定戦

秦趙(しんちょう)同盟により趙の脅威がなくなった秦は ()国へ侵略する。

(しん)の大将は 蒙驁(もうごう)
()の大将は白亀西(はく きさい) (ただし実権をにぎるのは廉頗(れんぱ)

秦国は勝利し重要拠点である 山陽(さんよう)の地を奪う。

敗戦した廉頗は魏国から追放され ()国へ亡命する。
(しん)は三百人将として参戦する。

 

同紀元前242年 劇辛(げきしん)討たれる

(しん)()を攻めている間、(ちょう)もを攻める。

趙の大将は李牧(りぼく)龐煖(ほうけん)
燕の大将は劇辛(げきしん)

劇辛は第一の大将軍であり燕の英雄と言われている。
しかし李牧は1日で劇辛を追い込み、龐煖は一騎打ちとなった劇辛を討つ。

秦趙同盟の間に両国とも利を得る形となる。

 

紀元前241年 合従軍(がっしょうぐん)襲来

(ちょう)()(かん)()(えん)(せい)の六ヶ国が合従軍(がっしょうぐん)となり、秦国の都である咸陽(かんよう)を目指し攻め込む。

秦国で外交を司る蔡沢(さいたく)が斉国と交渉し、合従軍から離脱に成功させる。秦国は望みを掛けて、函谷関(かんこくかん)に20万の兵を集め迎え撃つ。

 

秦国は咸陽の目の前にある蕞まで攻め込まれ落ちる直前に、楊端和(ようたんわ)(山の民)の援軍で守り切る。

合従軍襲来

信は千人将として参戦し本能型の才を開花させる。三千人将に昇格。

紀元前240年 蒙驁(もうごう)の死

秦の大将軍である蒙驁が死去。
蒙驁死す

紀元前239年 王弟(おうてい)謀反

(ちょう)が2万人の軍を起こし(しん)を侵略する。
その討伐に向かったのが秦王政の弟にあたる成蟜(せいきょう)だが謀反を起こす。

政は成蟜が謀略にはめられたと推測し、趙の討伐に(へき)将軍、成蟜の救出に飛信隊を呼ぶ。

趙を退けるも成蟜は死去する。

同年著雍(ちょよう)攻略戦

秦国は山陽(さんよう)に続き著雍(ちょうよう)()国)に兵を進める。

秦国の大将である(とう)は信(飛信隊)と王賁(おうほん)(玉鳳隊)を援軍として呼ぶ。

魏国の大将は呉鳳明(ごほうめい)の他に魏火龍(ぎかりゅう)七師と呼ばれる霊凰(れいおう)凱孟(がいもう)紫伯(しはく)が参戦する。

騰の部下である録鳴未軍、飛信隊、玉鳳隊の強行突破により秦軍は勝利する。

王賁は紫伯、信は霊凰を討つ。

この戦いで騰は大将軍、信と王賁は五千人将に昇格する。

 

紀元前238年 加冠(かかん)の儀

秦王(しんおう)嬴政(えいせい)が22歳になり加冠(かかん)の儀を執行。

同時に嫪毐(ろうあい)の乱が起きる。
嫪毐と趙姫(ちょうき)(太后)は毐国(あいこく)を作り反乱を起こす。

信が(さい)の兵を率いて、昌文君(しょうぶんくん)昌平君(しょうへいくん)が援軍に入り、反乱軍を討つ。

 

同紀元前238年衍氏(えんし)攻略

山の民である端陽和(ようたんわ)が秦軍として、不落の巨城と呼ばれた衍氏(えんし)城を陥落させる。

同年 楚の考烈王(こうれつおう)が死去

()考烈王(こうれつおう)が死去と同時期に春申君(しょうしんくん)を暗殺さ、楚を仕切っていた2人を失う。

宰相(さいしょう)である李園(りえん)が要請し禍燐(かりん)も宰相の席に座る。

同年 黒羊(こくよう)攻略

秦国は大将に桓騎(かんき)軍五万と飛信隊八千で黒羊(趙国)を攻める。

迎え撃つ趙国は大将に慶舎(けいしゃ)
副将に金毛(きんもう)離眼(りがん)城の城主である紀彗(きすい)

飛信隊の信が慶舎を打ち、桓騎の奇策により黒羊を奪う。

紀元前237年 呂不韋の脱官

秦国で起きた嫪毐(ろうあい)の乱により、関わり有りとされた呂不韋(りょふい)脱官(だつかん)する。

紀元前236年 秦国による業攻め

秦国が趙国の業を攻める。
王翦、桓騎、楊端和の連合軍の下に飛信隊、楽華隊、玉鳳隊も参戦。

迎え撃つ趙国の総大将は李牧。

当初の作戦では列尾(れっぴ)城を落とし補給を繋ぎながら、業を攻める予定だったが・・・

 

タイトルとURLをコピーしました