キングダム桓騎軍メンバー全員紹介まとめ

秦軍の将軍である桓騎とその部下を紹介。

スポンサーリンク

桓騎(かんき)

桓騎

元は盗賊団を束ねた首領。
野盗時代は城を攻め落とし、桓騎自ら住人全員の首をはねたことから”首切り桓騎”という異名を持つ。

部下の多くも元盗賊団で頭を張っていた者が揃う。

見た目は男も認める美貌を持ち、どこか影がある。

蒙驁(もうごう)将軍により目を付けられ、王翦(おうせん)と共に副将を務める。
蒙驁(もうごう)軍の勝利の裏には、必ず桓騎と王翦の活躍がある。

元野盗・残忍な戦い・態度の悪さから同じ(しん)国の武将からも敬遠される。
戦略と言うより心理戦に強く、敵の嫌がる奇策が得意。

桓騎軍の者からは野盗(やとう)時代の名残で「お頭」と呼ばれる。

雷土(らいど)

桓騎(かんき)軍の副官でありNo2の存在。
桓騎が本陣から離れる際は指揮を任される実力者。
桓騎に対して物言いができる桓騎軍の中で唯一の存在。

左目の周りに入れ墨があるのが特徴。
常に冷静な桓騎と異なり、気性が荒くいつも気が立っているが心配性でもある。

黒羊丘(こくようきゅう)の戦いでは、 (ちょう)軍副将の岳嬰(がくえい)に奇襲を受け、隊がバラバラになる。
しかし残った隊員で反撃し(とりで)を燃やし尽くす。

転んでもただでは起きない男。

摩論(まろん)

摩論

桓騎(かんき)軍の作戦参謀を務める。
桓騎軍でただひとり優しい口調で紳士な男。

知識が豊富で名のある敵将は、全て頭に入っている。
戦では前線にも立つが、戦場の全体図を描きながら戦うことができる。

黒桜(こくおう)

黒桜

桓騎(かんき)軍副官であり唯一の女性。
黒桜(こくおう)が率いる隊員からは「(ねえ)さん」と呼ばれる。

危険察知の能力が高く、戦において勘は外さない。
ピンチとチャンスを見極め、瞬時に隊を動かす。

弓矢の使い手であり、同時に2本3本の矢を同時に討つことができる。

部下の差別がひどく、イケメンが大好きでありブサイクには鬼。

桓騎へ想いを寄せ、隣にいるとほほを赤らめる。

角雲(かくうん)

桓騎軍の千人将。
守りの達人であり「不動の角雲」の異名を持つ。

黒羊の戦いでは黒桜隊に配属される。
黒桜が紀彗に攻められ、危機を察すると角雲を呼び守備を任せる。

しかし紀彗が率いる騎馬隊が絶壁から下り、意表を突かれあっさり討ち取られる。

オギコ

オギコ

桓騎(かんき)軍の千人将。
独特な風貌で間抜けな行動が目立つ人物。

常に桓騎軍の中でひとりで大騒ぎをしている。
たまに伝令もこなすが、いつもは桓騎の肩もみ。

摩論(まろん)に「なぜオギコを千人将にしたのか?」問われた桓騎の答えは「面白ェから」。

なぜか信に対しては親しげに話す。

行動とは反して、何気にすごい筋肉質なのが気になる。

ゼノウ

ゼノウ

ゼノウ一家の長。
体格は蒙武よりも大きい巨体の持主。

桓騎(かんき)軍の中でも一番の武力を誇る。
気に食わないと味方でも殺す。
獣のように常軌を逸脱する軍団を抱える。

桓騎が盤上を叩き潰すとき、ゼノウ一家の力を使う。

砂鬼(さき)

砂鬼

灰面を被る集団を長。
桓騎(かんき)軍でもっとも残忍な行動するのは、砂鬼(さき)が率いるこの軍団。
隊員も皆、灰面を被り素顔を見せない。

有益な情報を入手する捕らえた兵に拷問を行う。

桓騎は砂鬼(さき)集団を使い、相手に恐怖心を与えることで、戦いを有利に進める。

厘玉(りんぎょく)

厘玉

黒羊(こくよう)丘の戦いで桓騎に同行する。
奇抜な格好をしているが、異常な人物が多い桓騎軍の中では常識人。

桓騎(かんき)と信が揉め事を起こすと、尾平(びへい)を仲裁役として連れてくる機転が利く人物。

騎兵隊を操り平地の戦いが得意。

馬印(ばいん)

馬印

黒羊丘(こくようきゅう)の戦いで失態を犯した飛信隊に対して、桓騎が伝令として派遣した男。
失態の罰として信の右腕を切り落とすために現るも、信が開き直り馬印(ばいん)の腕を切り落とそうとする。

一時的に飛信隊に入った那貴(なき)の仲裁により事なきを得る。

那貴(なき)

那貴

桓騎軍の千人将。
黒羊丘(こくようきゅう)の戦いでは臨時で飛信隊と同行する。

飛信隊とは距離を置いていたが、啖呵(たんか)を切る信に一目を置くようになる。
次第に飛信隊のために体を張る。

実は雷土(らいど)にも負けず劣らない実力者。

黒羊(こくよう)攻防戦後には桓騎に飛信隊に移りたいと志願する。
志願した理由は「あいつ等と食う飯がうまい」。

呂敏(ろびん)

那貴一家のひとり。
那貴は少数で危険な場所に顔を出すことが多く、そんな場所でも那貴はクールだが、呂敏は文句を言いながら必死で付いていく。

巴印(はいん)

巴印

黒羊丘(こくようきゅう)のの戦いで尾平(びへい)が一時的に桓騎軍に入隊すると、隣で桓騎軍のことを教えてくれる人物。
雷土(らいど)が率いる二列目に配置され一般歩兵と思われる。

襲った村人が落とした財宝を尾平に渡し、事件を引き起こす。