キングダム玉鳳隊(王賁)メンバー全員まとめ

王賁(おうほん)

父は王翦(おうせん)であり”王”家の次期当主と言われ、秦国(しんこく)の若手の中でNo1の実力者。
幼き頃から槍術(そうじゅつ)に励み、槍の達人であり”龍指(りゅうし)” “龍巣(りゅうそう)“と呼ばれる技を使う。

智謀(ちぼう)にも長け戦術家としての一面も持ち合わせる。
自陣の戦局だけではなく、秦国全体を盤面として使うことが出来る数少ない人物。
その能力は王騎(おうき)の副官を務めた(とう)も認めるほど。

性格は出世欲が強く、プライドが高いゆえに馴れ合いを拒む。
王賁(おうほん)は”王”家の後継ぎとして将軍にならなければ・・・というプレッシャーと戦い続けていた。

特に下僕から飛躍的に出世する(しん)飛信隊(ひしんたい))に対してはプライドをむき出しにする。
その反面、どこかで信を認めることも・・・

王賁には勝たなければならない理由がある。
そこには父である王翦との関係が・・・。

番陽(ばんよう)

玉鳳隊(ぎょくほうたい)の副官を務める老兵。
王賁(おうほん)の幼少期から教育係として成長を見続けた。
王賁は槍の天才と周りから言われるが、それはたゆまぬ努力の末・・・と知る人物。

王賁のために、そして王家の血筋を守るため、体を張りたびたび王賁を救う。

代々伝わる王家を支える使命感が強い傍ら、身分の低い百姓出身者が多い飛信隊を小ばかにする。

関常(かんじょう)

奢雍(ちょよう)魏国(ぎこく)と戦う半年前に、玉鳳隊に入隊した千人将。
その前は王賁(おうほん)の父である王翦(おうせん)軍に所属していたが、王翦の指令により派遣される。
王賁のことは”若君(わかぎみ)”と呼ぶ。

玉鳳隊では右翼を務め機動力を生かし”突いては引く”の戦術を得意とする。

王翦のように確実に勝利する策を好み、強引に勝利を掴む王賁に助言するも
王賁は父を拒むように、関常(かんじょう)の戦術を拒む。

宮康(きゅうこう)・松琢(しょうたく)

関常(かんじょう)と共に玉鳳隊(ぎょくほうたい)に入隊し、関常が勤める千人隊のメンバー。
玉鳳隊が乱戦を行うも、王賁(おうほん)紫伯(しはく)との一騎打ちのため温存する策に対して愚痴をこぼす。

どちらが宮康(きゅうこう)でどちらが松琢(しょうたく)が明らかになっていない。

黒金(こくきん)

玉鳳隊の中で”血の気の多い”騎兵。
魏軍(ぎぐん)紫伯(しはく))と戦い「手応えのない。魏火龍(ぎかりゅう)という敵も全く出て来ませんな」と言うと番陽(ばんよう)に「油断するな」と指摘される。
※魏火龍・・・秦六将(しんろくしょう)趙三大天(ちょうさんだいてん)と並ぶ魏国(ぎこく)の7人。

魏軍とけん制し見合っているときにも「相変わらず動かんな魏の奴らは。久々にこっちからしかけるか」と発言すると王賁(おうほん)に「止めとけ黒金(こくきん)」と指摘される。

冷静な玉鳳隊の隊員のなかで、いつも軽はずみな発言で指摘される役割を担う、ちょっとかわいそうな注目人物。