キングダム楽華隊(蒙恬)メンバー全員まとめ

秦国の蒙恬(もうてん)が率いる楽華隊(がくかたい)のメンバー紹介

スポンサーリンク

蒙恬(もうてん)

蒙恬

楽華隊(がくかたい)をまとめる隊長。
祖父は(しん)国の大将軍である蒙驁(もうごう)
父は秦国最強の武を誇る蒙武(もうぶ)

偉大な祖父と父を持つ。

弟には軍師を目指し軍師学校に通う蒙毅(もうき)
蒙恬(もうてん)も軍師学校に通い首席で卒業する。

若くして武功を上げ出世頭であったが、祖父である蒙驁(もうごう)の老婆心で出世を遅らせていた。

年齢は(しん)のひとつ上であり飲み友達。
大きな戦にはうまい酒を持参し、戦の後に飲む約束を交わすのが定番。

信と王賁(おうほん)は身分の違いから仲違いするも、蒙恬が潤滑油となり連携を生む。

戦術眼にすぐれ戦況を把握し、危機察知能力が高い。
普段は冷静に戦うが、いざとなれば自ら先頭に立つ。

一騎打ちでは反射神経を活かして、相手の攻撃を直前で力を逃がす”受け流し”の使い手。

父の蒙武(もうぶ)は「ナヨついたガキだが、そこらの千人将よりはるかにものが見えている」
祖父の蒙驁(もうごう)は「蒙家三代でもっとも才能がある」と称する。

その他の武将から能力を認められ一目置かれるが、本人はあくまで文官希望。

年齢は信のひとつ上。

胡漸(こぜん)じぃ

じぃ

元は蒙家の発展を望み、いたずら好きである蒙恬(もうてん)の教育係。
その後も副長となり支える老将。

蒙恬が自ら突撃するときは”じぃ”に隊を任せる。

蒙恬が信を揶揄(からか)うため「大将軍を目指す」と言うと、感動し涙を流し喜ぶ。

“蒙恬の子供を抱くまでは死ねない”と老将ながら蒙恬を支える。

陸仙(りくせん)

陸仙

楽華隊(がくかたい)の副将を務める若き騎兵。
蒙恬の弱点である”不真面目”をカバーする真面目な性格。

蒙恬は伝文や各隊の報告すら読まないことから、裏でサポートする苦労人。

曰く「槍の腕はにもひけを取らない」と評価されるも本人は「とりますよ段違いに」と否定する。

高目(こうもく)

%e9%ab%98%e7%9b%ae

楽屋隊(がくかたい)の騎兵。
合従軍(がっしょうぐん)の戦いでは(とう)軍に配属される軍の()軍の禍燐(かりん)に包囲される。
楽華隊は楚軍の背後を突き騰軍を助けるときに、蒙恬と共に行動する。

蒙恬の数手先を読む行動の凄さに言葉を失う。