《尾到物語》信のため、誰かのため、託された想いのために【泣ける】

スポンサーリンク

キングダム人物紹介

名前  尾到(びとう)

尾到紹介

城戸村(じょうとむら)出身
尾平(びへい)の弟
飛信隊のメンバー

尾到の初陣(蛇甘平原の戦い)で信との再会

尾到(びとう)は信と同じ 城戸村(じょうとむら)出身の百姓。
尾平(びへい)とは実の弟。

兄の尾平は熱くなりやすくお調子者の性格をしているが、弟の尾到は真逆で冷静で寡黙(かもく)な性格。

信とは同じ同郷であり、小さい頃から親しくする仲。

初陣で ()への侵略戦争に参加する。
のちに「 蛇甘平原(だかんへいげん)の戦い」と呼ばれる。
その戦で (ひょう)が亡くなってから村を離れていた信と再会する。

尾平尾到が初陣で信と再会

()を作る際は信と尾平と同様に、誰からも声が掛からないほど不人気であった。
(信、尾平に比べると身長は高く体格も良いのだが)

実際に初陣では戦場へ向かう道中で走れなくなるほど体力がない。

しかしこの不人気で残り者になったことが幸運をもたらす。
それは信と剣の達人である 羌瘣(きょうかい)、そして伍長の 澤圭(たくけい)との出会いである。

澤圭(たくけい)は常に最弱と呼ばれる伍だが弱者の戦略を持つ達人。
互いに助け合い味方の結束より守り抜く作戦。

この作戦により尾到は何度も助けられる。

初陣を無事に乗り切り尾到は伍長へ出世を果たす。

尾到が伍長に任命される

しかしそれは先頭に立つ信と 殿(しんがり)を務める 羌瘣(きょうかい)の存在があったからである。

尾到(びとう)は誰かを助ける存在ではなく、ただただ助けられる存在でしかなかった。

尾到 第二戦へ出陣し飛信隊へ入隊

紀元前244年(始皇歴三年)。
秦国(しんこく)韓国(かんこく)に20万人の兵を出兵する。
蒙驁(もうごう)将軍は順調に韓国の城を落としていく。
しかし秦国の内部が手薄になった隙を 趙国(ちょうこく)に攻め込まれる。

秦国は国内に強制徴兵し対応する。

そこで 城戸村(じょうとむら)尾平(びへい)尾到(びとう)も徴兵されることになる。
趙国に対応する秦国の総大将は、伝説の六将のひとり 王騎(おうき)将軍である。

信は 百人将(ひゃくにんしょう)に出世し尾到は 伍長(ごちょう)として飛信隊に入隊する。

同じ 同郷(どうきょう)である信の昇進。
村一番の出世。

そんな信をどこか誇らしげに、自分のことのよう

に喜ぶ尾到がいた。

信の出世を喜ぶ尾到

飛信隊の伍長として信を 鼓舞(こぶ)する 尾到(びとう)

王騎(おうき)将軍は飛信隊に 過酷(かこく)な任務を授ける。
僅か100人で 趙軍(ちょうぐん)の二万を率いる 馮忌(ふうき)将軍をどさくさに紛れて首を取れ。
という無謀と思える作戦。

任務を受けた飛信隊は 馮忌(ふうき)軍の側面から突撃を行う。
奇襲作戦により二万の兵の内部に侵入に成功する。

しかし敵将の 馮忌(ふうき)は知将と呼ばれる人物。
あと一歩のところで馮忌は飛信隊から逃げて距離を取られる。

飛信隊はもう一度突撃する力が残っていない。

信を含め諦めかけた時に 尾到(びとう)が叫ぶ。

尾到が信を鼓舞する

尾到(びとう)の言葉に信は単独で突撃し見事、  (ちょう)の将軍である馮忌(ふうき)の首を取る。

傷つく信をひとり背負い逃げる尾到

趙軍の将軍 馮忌(ふうき)を打ち取り、祝勝を上げる飛信隊。
突如として悲劇が訪れる。

野営していた飛信隊に趙軍の総大将である 龐煖(ほうけん)が単独で夜襲を仕掛けてきた。
龐煖(ほうけん)は怯(ひる)む飛信隊を次々となぎ倒す。

飛信隊をなぎ倒す

信と 羌瘣(きょうかい)で挑むが敵わず、戦闘不能になる。

飛信隊は信と羌瘣(きょうかい)を背負い退却する・・・。

趙軍は逃げる飛信隊に追い打ちをかける。

尾平(びへい)尾到(びとう)兄弟は味方の助けもあり、信を背負いながら逃げ続ける。
しかし尾平・尾到の傷も深い。

尾平は自分より傷が浅い尾到に信を託し、自らおとりになる。

尾平と尾到の別れ

満身創痍の中、尾到はひとり信を背負い山中を逃げ続ける。

尾到は自分の矢傷の深さ見て、信に語りかける。
城戸村(じょうとむら)の男は頑丈が売りだ。なぁ信・・・」

信を背負い語りかける尾到

戦場に行く男、村で待つ女

尾到(びとう)には結婚を約束した女性がいる。
同じ 城戸村(じょうとむら)にいる友里(ゆうり)

そして兄の 尾平(びへい)東美(とうび)という女性を待たせている。
村の女性は生きて帰ることをただ祈るしかできない。

戦場に行った男を待つ

もうすでに死んでいるのかも・・・という不安と戦う。

不安に涙を流す東美を友里は励ます。
”待っているあんたが信じてやらなくてどうするのさ”

尾到は信を抱えたまま敵の包囲から逃げ体力を使い果たす。

尾到は自分の死期を悟り、最後の力で友里に話しかける。
「・・・・・友里・・・」
尾到の最後の力

それ以上は声にならない。

声には出来なかったが、友里の夢の中で尾到は”一言”伝えた。

夢の中で友理に語りかける

「ゴメンな」

飛信隊、皆の想い

飛信隊に溶け込めていなかった羌瘣は飛信隊を代表して言う。

%e5%b0%be%e5%88%b0%e3%82%92%e6%83%b3%e3%81%84%e7%be%8c%e7%98%a3%e3%81%af%e8%a8%80%e3%81%86

「尾到は」

%e3%81%84%e3%81%84%e5%a5%b4%e3%81%a0%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%aa%e3%80%82%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%81%82%e3%81%82

「いい奴だったな」

「・・・ああ」